借地権の種類とは?

一言で『借地権』と言っても、それにはいくつかの種類があります。どのような種類があるのでしょうか。それは、その借地権契約が持つ特性によって異なっています。通常、私達が賃貸住宅の賃貸契約を結ぶときなどは、いわゆる『2年契約』のように、あらかじめ契約年数が決まっています。だからと言って、その年数が満了したらすぐに解約、という訳ではなく、契約は『更新』されることによって、その後も賃貸住宅を借りつづけることができます。

この点は借地権も同様ですが、その種類によっては契約の更新ができる契約と、更新ができない契約に分けられます。契約が可能な借地権は、いわゆる『普通借地権』と呼ばれるものです。これは、契約から20年契約が満了したのち、その後10年ごとに、契約の更新を行っていくことができます。またこの契約には、『建物買取請求権』という、契約者を保護する権利が認められています。

それに対して、更新が不可能なのが、『定期借地権』です。こちらは基本的に50年の契約となっておりそれ以降の契約更新はできません。もし土地に住居が残っている場合、有体に言えば取り壊す必要があります。借地権にはこのような主となる2つの種類があります。