事業用の定期借地・地上権とは?

私達は普段、都地に関する契約を結ぶようなことは無いかもしれません。しかし、それが必要になった時のために、借地権に関わるようなことを覚えておく必要があるでしょう。また、土地、それに関わる借地権の「相続」を受けるとなった場合には、特にそう言えるでしょう。借地権に関わる契約には、長期間にわたって契約者と非契約者、そして息子の代までトラブルが発生することも過去に実際にありましたから、基本的な知識だけでも身に付けておくと役に立ちます。

借地権には、『普通借地権』、そして『定期借地権』に含め、それをより細かく分類できる種類があります。まずその一つが、『建物譲渡特約付借地権』です。これは、その名の通り事業を興すために借りられる土地であり、一定期間のみ事業用の建設物(商業施設・コンビニエンスストアなど)を建設するのに向いている土地で結ばれることが多い契約です。この借地権も、契約は更新されず、建物買取請求権もありません。傾向としては、個人が結ぶ一般定期借地権よりも、契約期間が短くなる場合が多いです。

また、混同されがちな『地上権』があります。これは借地権のように土地の貸借契約を結ぶものではありませんが、所有者が別にいる特定の土地に対して、『所有権』と同等の権利を保有している状態となります。